簡単に使えるファイル送信サービスで仕事が快適になる

どのように使っているのか

ファイル送信サービスを導入するなら、まずはどのような企業が使っているのか見ておきましょう。そうすることで、自分達の企業でも効果的にファイル送信サービスを活用できるようになるのです。面倒な仕事を、簡単にこなせるようになるでしょう。

業種による利用方法の違い

製造業の場合

製造業でもファイル送信サービスを有効に利用することができます。例えば、機密ファイルの受渡しをする場合に、ファイル送信サービスが役立つのです。開発データなどを安全に送信することができます。設計図面などの容量の大きなファイルでも送信可能です。

商社の場合

ファイル送信サービスを共通プラットフォームとして利用することができるでしょう。ファイルの共有も簡単にできるので、スムーズなやり取りを実現することが可能です。なにか大きなプロジェクトに挑戦しようと考えている企業の役に立ってくれるでしょう。

建設業の場合

基本的に施工図面や写真など、容量の大きなデータを送信することが多いのが、建設業と言われています。ファイル送信サービスの導入によって、容量の大きなデータでも問題なく送信することが可能となるのです。手軽にデータの受渡しができます。

流通業の場合

流通業では、やり取りするデータの秘匿性も高くなることが多いと言われています。その為、セキュリティの高いファイル送信サービスの利用がピッタリなのです。顧客情報や注文情報などが漏洩することもなくなるでしょう。重要な情報のやり取りに使えます。

金融業の場合

金融業では、代理店とのやり取りを頻繁に行なうと言われています。レポートや営業資料を送る場合、ファイル送信サービスを利用すると良いでしょう。ファイルの共有も簡単に行えるので、多くの代理店を抱えていても問題なく情報のやり取りができます。

簡単に使えるファイル送信サービスで仕事が快適になる

ファイル

大きなファイルを送る

画像や動画などのデータは容量が大きくなってしまいます。その為、通常のEメールなどでは送信することが難しいことも多いのです。ファイル送信サービスを活用すれば、いとも簡単に容量の大きなデータを送信することができるでしょう。また、操作も簡単なので、始めて利用する人でも問題なく使いこなせます。また、セキュリティ性を高めるための承認フローを構築することもできるのです。

送信したファイルの共有

ファイルを多くの人と共有することができるので、いちいち一人一人にメールを送らずに済むようになります。基本的にファイルのアップロードやダウンロードも自由に行えるのです。また、特定のユーザーだけにファイルを共有することもできます。より安全に重要な情報を共有したい場合に便利です。また、必要に応じてアカウントのないユーザーの招待も行えます。

スマホやタブレットで使える

ファイル送信サービスの機能として、モバイル機能が挙げられます。これは、スマホやタブレットを使ってファイルの送信や共有を行なうことができる機能です。出先からも共有されたファイルをダウンロードすることが可能となります。また、貴重な情報をすぐに共有することができるのです。仕事の効率かも図れるので、とても便利な機能として知られています。トラブルへの対応力も向上するでしょう。

重いデータの送信を比較

ファイル送信を利用

ファイル送信であれば、Eメールを使うよりも重いデータを簡単に送信することができます。送信に失敗することもほとんどないでしょう。

Eメールを利用

Eメールの場合は、ファイル送信と比べて送信できるデータの容量が少なくなってしまいます。動画や画像の送信は苦手だと言えるでしょう。

広告募集中