何をチェックされるのか

ISO9001の取得をする場合、知っておきたい情報があります。それは、何をチェックするのかです。内部監査をスムーズに行えるようになるので、チェックするべきポイントを押さえておくようにしましょう。こうすることで、簡単にISO9001をより便利に活用できるようになります。

内部監査のチェックポイント

顧客満足度を高めているか

ISO9001の内部監査でまず見られるポイントが、顧客満足度についてです。作成されているマニュアルが、顧客満足度を高めるためのものなのかをチェックしましょう。きちんと目的を持って実施するのがベストです。しっかりと頭に入れておきましょう。

不適合商品を減らせるか

顧客満足度を高めるためには、不適合商品を減らさなければならないでしょう。マニュアルを実施することによって、不適合商品を減らすことができるかをチェックされるのです。どのようにすれば不適合商品がでなくなるかを考えておきましょう。

顧客の要求に応えられるか

基本的に顧客の要求に対する対応力もチェックしましょう。マニュアルを作成し、実践することで顧客要求に答えることができるのかをチェックするのです。顧客要求に答えることが出来なければ、意味のないものになるでしょう。顧客要求への対応力も問われます。

クレームの対処をしているか

クレームの対処をしっかりと行っておけば、だんだんとクレーム自体が減ってくるでしょう。クレームを減らすための取り組みを行っているのかもチェックするのです。ISO9001を取得するのであれば、クレームに関するマニュアルの作成も必須でしょう。

商品の品質を高めているか

商品の品質向上を実現することで、企業の信頼感はアップします。マニュアルを実行することによって、商品の品質が高まるかもチェックしましょう。また、改善点についてもしっかりと把握しておくことが大切になります。マニュアルを作るだけでは効果はでないのです。

ISO9001を取得したいと思っている企業必見の情報

男性

簡単に使えるサービス

新しいソフトやサービスを導入する際に気になるのが、使いやすさです。使い勝手の良いソフトやサービスを導入するようにしましょう。ISO9001のマニュアルも簡素化する必要があります。こうすることで、従業員全員がマニュアルを実行することができるようになります。また、ファイル送信サービスなども簡単に使うことができるのでとても便利です。

助けになるサービス

仕事を助けてくれるサービスはとても多く存在しています。例えば、総務のアウトソーシングなどが挙げられるでしょう。オフィスに関する提案をしてくれます。より快適な環境を手に入れることができます。また、データが消えてしまった場合のデータ復元サービスも利用すると良いでしょう。プロに任せることができるので安心です。データセンターの保守運用サービスも活用してみましょう。

広告募集中